仮想通貨の始め方

番長
「億り人」になる最初のステップそれが口座開設だ。
リエ
そんな簡単に「億り人」なんてなれるわけないじゃないの(笑)
番長
お前、奥様のクセにまだ「億」れてないのか?
マサ
ば、番長・・・。

仮想通貨と言えば2017年1月には約10万円だった「ビットコイン」が12月には220万円まで上昇。約22倍の上昇で話題となりました。

そんな夢のある仮想通貨ですが、はじめるのはとても簡単です。

取引所」と呼ばれる仮想通貨の売買ができるところに登録さえすれば誰でも簡単に取引がスタート出来ます。

この記事では初心者の方でも理解いただけるように出来る限り簡単に仮想通貨取引のいろはをご紹介していきます。

仮想通貨とは?

仮想通貨

仮想通貨はその名の通り「仮想」の「通貨」で、実体のないデジタル上の通貨です。「暗号通貨」や「デジタル通貨」などとも呼ばれます。

リエ
上のコインは左から「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」よ。

ブロックチェーンと呼ばれる第三者認証システムを採用し、不正や改ざんが行いにくい仕組みであることが特徴です。

番長
仮想通貨は何となく凄いんじゃないんだ。使用されているブロックチェーン技術がマジもんなんだぜ。

その他、送金のスピードがとても早い点も特徴の一つです。

現在ビットコインをはじめ2000種類を超える仮想通貨が発行され、賑わいはとどまることを知りません。

仮想通貨の種類、銘柄についてはこちらにまとめました。[随時更新します]

仮想通貨に採用されているブロックチェーンの技術とは

番長
ブロックチェーンを理解せずに仮想通貨に投資をするなど考えられん。つべこべ言わずに6分!この動画を見るんだ。

実は仮想通貨の凄いところはコイン自体もそうですが何よりその仕組みにあります。

ブロックチェーンとは一言で言うと「仮想通貨の全取引が記録されている台帳」の事です。

全世界の有志により提供されるネットに接続されたパソコンが1件1件の取引を台帳に記録します。

無数にあるパソコンがその取引が正確であるか常に照合しており、改ざん、不正が出来ない仕組みを実現しているのです。

マサ
ブロックチェーンとよくセットで説明される「スマートコントラクト」についてはこちらの記事を参照ください。

知っておきたいハッキングのリスクとウォレット管理

番長
リスク管理をしっかりしておくこと。これは非常に重要だ。

仮想通貨はオンラインを使って取引を行う仕組みです。
よって、ハッキングの被害に合う可能性を常に持ち合わせていると認識しておく必要があります。

記憶にあたらしいのが2018年1月26日に起きたコインチェックのネム580億円の流出です。これも海外からのハッキングによる事件です。

被害に合った方はコインチェック(取引所)に保有しているネムをそのまま保管していた方です。

対応策としては取引所の口座(ウォレット)にはそのまま通貨をおかず、別のウォレットへ移すことで回避できます。
ネットに接続されていないオフラインの媒体(ハードウェアウォレット)へ保存さえしていれば盗まれずに済んだのです・・・。

マサ
ウォレットについては「仮想通貨「おすすめウォレット」種類や使い方を解説」で詳しく紹介しています。初心者の方は是非読んでみて下さい。

仮想通貨が使えるお店ってあるの?

仮想通貨が使えるお店

番長
仮想通貨と言えども既に支払いに使える店はあるんだぜ。

仮想通貨で支払いができる店舗はまだまだ少ないですが存在しています。幾つかピックアップしてご紹介します。

ビットコインでの支払いが可能なお店

ビットコインが使えるお店

リエ
さすが仮想通貨の王様、ビットコインは利用できるお店が多いわ。

●ビットコインが利用できる店舗の一部
ビックカメラ、ピーチ航空、DMM.com、マルイ、HIS、ぐるなび etc...

ビットコインキャッシュでの支払いが可能なお店

番長
たむけんはよく滑っている印象があるが、BCHでの決済導入をいち早くするあたりは経営のセンスを感じる。

焼肉たむら
ビットコインキャッシュで支払うとファーストドリンクサービス

※他にもありますが、どちらかというと現段階では飲食店が多い印象です。

ネムでの支払いが可能なお店

マサ
個人的にはネムバー行ってみたい・・・。そしてモナ・ミルク飲んでみたい。ばんちょー今度いきましょーよー。

ネムバー
※現段階ではネムが利用できる店舗は限られています。

番長
俺もこんな洒落乙なバーでチャンネーとしっぽり・・・。おっと失礼。

という感じで仮想通貨を支払いに使えるお店は徐々に拡大中です。
更に今後は利便性が高まると断言しても良いでしょう。

続いては事前に頭に入れておきたい仮想通貨の知識をご紹介します。

仮想通貨の売買前に知っておきたいこと

販売所と取引所の違いを理解しよう

販売所と取引所の違い

番長
簡単にコインチェックの管理画面を使って説明しておこう。

コインチェック 販売所上記はコインチェックの販売所です。取引できる銘柄がずらっと並んでいますので、お好みの仮想通貨を選んで簡単に買うことが出来ます。

ここで買えるのはレートに応じた、いわゆる「定価」です。コインチェックが定めた価格での購入となります。

コインチェック 取引所反面、取引所ではユーザー通しでの売買が行われていますので販売所よりも安く買える場合が多いのが特徴です。

入札のコツとしては「売り」として確認できる金額と同じか、少し高めに入札すればほとんどの確率で購入することができます。

急ぎで買いたいなら販売所で購入すると確実です。

マサ
コインチェックの取引所ではビットコインとイーサリアムがユーザー間で取引できるんだ。

仮想通貨は少額からでも購入可能

ビットコインは千円からでも買える
ビットコインは一時期200万円という高値をつけましたが、購入は0.001コイン(数千円程度)からでも可能ですので、気になっている方はぜひ少額から試してみるとよいでしょう。

番長
ビットコイン以外の仮想通貨なら単価が安いものも多数あるから更に安く買えるぞ。例えばリップル、ネムは1枚数百円で買える。おやつを我慢したら買える金額であることがわかるな。何れもコインチェックで買えるから試してみるとよい。
マサ
初心者の方に多い質問「仮想通貨の買い時っていつ?」については別記事でまとめています。

おすすめの仮想通貨取引所を3つ紹介。まずは無料で口座開設しよう

ここでは代表的な3つの取引所を紹介しているが、他にも沢山ある。「仮想通貨の取引所一覧」にまとめているからチェックして欲しい。

[コインチェック]初心者に最適!銘柄も多くわかりやすい画面構成

コインチェック

番長
ビットコインはもちろん、話題のネム、リップル、リスクなど全てココで買える。初心者はコインチェック一択でも問題ないくらいだ。詳しくはコインチェックの特徴・メリットとデメリットをチェックだ。

画面も相場も見やすくてわかりやすく、取り扱い銘柄も多い"コインチェック"は初心者には特におすすめです。

・主要銘柄はほぼここで購入ができます。
・100万円までの補償も手厚い!
・スマホアプリからチャートが見れる。

主な取り扱い銘柄:ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リスク、ネム他13銘柄。

●補償制度
不正換金や不正送金に100万円までの補償があります。(二段階認証を設定していることが前提です)

2018年1月26日、コインチェックに保管されていたXEM(ネム)580億円分がハッキングによって盗難にあう事件が起きました。口座も凍結されコインチェックユーザーとして非常に不安な時間が流れましたが「全額個人資産により補填する」事が発表されました。

「倒産を危惧する声」や、「資産が戻ってこないのでは?」という意見も多数ありましたが全額補填という対応で決着を迎えることとなりました。

番長
歴史上前例のない580億円という窃盗事件も「個人資産で返金」という対応をしたおかげで、コインチェックの信用は大幅に上昇するだろう。ピンチをチャンスに変えるとはまさにこの事だ。素晴らしいとしか言いようがない。

[ビットフライヤー]無料でビットコインを貯めるサービスを提供中

ビットフライヤー

番長
口座開設が最もスピーディーなのがビットフライヤーだ。数時間もあればビットコインが買えるぞ。ビットコイン取引量日本一なのが売りだ。詳しくはビットフライヤーの特徴・メリットとデメリットをチェックだ。

ビットフライヤーはポイントサイトや企業と提携しておりショッピングや食事など上手に組み合わせて普段の生活のなかでビットコインを貯めることが出来て便利です。

・楽天、ZOZOタウンなどのお買い物をビットフライヤーで経由で行うと仮想通貨がもらえる。
・補償制度も充実している。
・ビットコイン取引量日本一の信頼。

主な取り扱い銘柄:ビットコイン、イーサ、イーサクラシック、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、モナコインが購入可能。

●補償制度
日本円と仮想通貨の合計が100万円以上の場合は500万円まで補償。仮想通貨と円の合計が100万円未満の場合は10万円まで補償してもらえます。

[ザイフ]手数料が安く、積立サービスが便利

ザイフ

番長
ここだけの話、俺はザイフの利用が一番多い。なぜかって?手数料が安いからだ。詳しくは「Zaif(ザイフ)の特徴・メリットとデメリット」をチェックしてくれ。

ザイフは毎月1000円からなど少額で積立が可能で、かつ自動取引も行ってくれますので忙しいあなたの味方です。またマイナス取引手数料を採用していて取引を行うほど毎日手数料をもらえます。

・取引すると手数料がもらえる、マイナス手数料が凄い。
・モナ、ネムなどは他より安く買える。
・トークンと呼ばれるマイナー通貨の取扱が多い。

主な取り扱い銘柄:ビットコインのほかモナコイン、ネム、ビットコインキャッシュ、ですがそれ以外にも面白い銘柄が購入可能。

残念ながら現段階では補償制度がありません・・・。ただ手数料が一番オトクなのでそこでバランスを取っているという印象です。

口座開設の流れ

番長
心配するな、サクッと3ステップで完了だ。コインチェックを例に説明しよう。

1.無料登録

コインチェック メールとパスワード設定まずはコインチェックにアクセスしメールアドレスとパスワードを入力後に「登録する」をクリックします。直ぐに自動返信でメールが届きますので記載されているURLをクリックすればアカウント作成が完了し、以下の画面が表示されます。

コインチェック 本人認証①をクリックし「電話番号認証」を行います。

コインチェック 電話番号認証電話番号を入力してSMS(ショートメール)で送信を押すと、6桁の番号が送信されますので、その番号を画面に入力すれば完了です。

2.免許証などを使って本人確認

コインチェック 免許証 本人認証次に本人確認書類を添付します。
使える書類は運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカードです。スマホで写真を撮ってアップロードするとすぐに終わります。

作業はスマホ、パソコンどちらでも完結可能です。
約30分から1時間でメールが届き、日本円の入金が可能になります。

その後、住所、氏名、電話番号、メールアドレスなど個人情報を入力すれば本人認証、個人情報登録が完了します。

3.ニ段階認証を設定

コインチェック 二段階認証仮想通貨はデータ上の通貨ですのでハッキングといった危険を伴うことも否めません。そのため、セキュリティ強化の為、二段階認証は必須です。

上記の「Andoroid用」「iPhone用」どちらかをクリックして二段階認証用のアプリを無料ダウンロードします。

コインチェック 二段階認証QRコードを読み取ってアプリを起動し、表示されているパスワードを入力すると設定完了です。

ウォレットを作って更にセキュリティアップを

仮想通貨のウォレット

番長
いいから黙ってウォレット!

本人認証はがきが到着するまで1ヶ月近くかかる場合があります。ぜひこの間にウォレット を作成しておくことをおすすめします。

「ウォレット」とは仮想通貨を収納しておく場所のことを指します。

コインチェックで取引を行い、そのままコインチェック上に仮想通貨を置きっぱなしにするのはリスキーです。ハッキングされたら一発であなたのコインは盗まれます。

そんな時に知っておきたいのが「ウォレット」です。
ウォレットの種類は大きく分けて4つあります。

1)コインチェックのような取引所
2)オンラインウォレット
3)インストール型のソフトウェアウォレット
4)ハードウェアウォレット

それぞれ良し悪しはありますが、利便性(対応通貨数)とセキュリティを考慮すると3の「ソフトウェアウォレット」が一番オススメです。

パソコンやスマホにインストールして利用することができ、パソコンが盗まれた、壊れたなどの状況にならない限りハッキングなどの被害からあなたの仮想通貨を守ることができます。

無料で利用できるのでウォレットXPに登録しておくことを強くオススメします。

リエ
ウォレットって意外に知られていないんだけど、自分のコインが被害に合わないためには必須の対策よ。詳しくは別記事で紹介するわ。

銀行口座やコンビニから入金

コインチェック 入金
日本円の入金方法は、取引所の指定銀行口座へ振込むか、もしくはコンビニエンスストアからでも可能です。

ちなみに銀行振込は営業時間内の取引になり、送金までに時間がかかる場合がありますのでその点注意が必要です。
即入金したい場合はコンビニエンスストアの方が早くて便利です。

たとえばコンビニエンスストアから入金した場合、取引所へは10分程度とすぐに反映されます。

マサ
最近はクレジットカードで入金できる取引所も増えていますが、手数料がめっちゃ高いのでオススメしません。

ちなみにSBI住信ネット銀行の口座があると、振込手数料がかかりませんのでお得です。

仮想通貨購入

コインチェックでビットコイン購入

番長
いよいよその時がきたな。

取引所の“総資産”の欄に入金した金額が日本円として反映されていますので、そこから各通貨の購入が可能になります。

仮にコインチェックで「ビットコインを購入したい」なら上記画像のように「取引所」をクリックし、売値を参考にしながら入札を行っていきます。
思った以上に直ぐに買うことが出来ますよ!

本人認証はがき到着で出金や移動が可能に

マサ
現在、申込が殺到しており本人認証はがきが届くま数週間かかる場合があるよ。

本人確認書類が到着すると、日本円の出金や別口座への移動が可能になります。
本人認証のハガキが来て無くてもコインチェックならトレードや入金は可能です。

スピード重視でビットコインを買いたいならビットフライヤーが最速です。
ザイフが一番遅いけど、手数料が安い!

リエ
本人認証のハガキが届くまでの間、日本円の入金と仮想通貨の売買は可能よ。

仮想通貨投資で失敗しないための心得

長期保有(ガチホ)が基本!

番長
握力ってやつだ、握り続ければそれでいい。

仮想通貨は基本的に長期保有がおすすめです 。いわゆるガチホってやつですね。
その理由は・・・。

●ビットコインのチャート
ビットコインのチャート

●ビットコインキャッシュのチャート
ビットコインキャッシュのチャート

●イーサリアムのチャート
イーサリアムのチャート

●ネムのチャート
ネムのチャート

●モナーコインのチャート
モナのチャート

番長
見ろ、美しい上昇気流だ・・・。どのコインも1年前よりも上がってるのが分かるな。だから長期保有なんだな。

長期保有をオススメする理由はただ一つ「長期的に見ると仮想通貨は上昇しているから」です。下記でご紹介する内容をしっかり頭に入れてトレードに挑みましょう。

狼狽(ろうばい)売りをしないように気をつける

番長
人の意見に流されるな、雰囲気でも売るな。ガチホだ。

仮想通貨は短期的に見ると暴落することもよくある話です。
実際、2018年の1月には前月220万円で取引されていたビットコインが120万円前後まで暴落しました。

そのような時に「あ、やばい!下がってる」「売らないと損しそう」という雰囲気で売ってしまうことを狼狽売り(ろうばいうり)と言うのですがそのような周りに流される売り方は非常に危険です。例え一時的に下がっても長期的に見れば上昇しているのは間違いないのですから。

マサ
狼狽売りとは・・・相場の雰囲気に流され、焦って売却してしまうことです。

あくまで余剰金での投資を

番長
全額突っ込むなんて馬鹿なことを考えるんじゃねぇぞ。

仮想通貨投資は余裕のあるお金で。コレが鉄則です。
ギャンブルのような雰囲気でお金を突っ込むのではなく、用途や開発者の背景などをしっかり吟味した上で投資先を決めるのが賢明です。

SNSの情報を鵜呑みにしない

自らポジショントークをしにネムバーに行くという強者もいるくらいです。
「このコインは絶対上がる」という言葉は容易に信じてはいけません。

リエ
ポジショントークとは・・・自分の保有しているコインが有利に動くように発言することをさすのよ。

どうしても「億り人」になりたい!ならICO

ICO「どうせ仮想通貨投資を始めるなら億り人になりたい!」という方はICO銘柄を買うことをオススメします。

ICOとはInitial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略で、クラウドセール(Crowd Sale)、プレセール(Pre Sale)、トークンオークション(Token Auction)、などといわれています。

証券取引所に上場する際に使われるIPO(Initial Public Offering)という言葉からきており、企業が新たなコインを発行し、そのコインを売却することで資金調達をします。

企業は資金調達しやすいというメリットがあり、投資する側は上場する前の安い通貨を購入でき、短期間に何倍もの価格上昇が期待できるため人気を呼んでいます。

しかし、ICO通貨は取引所に上場していないため、中には2017年4月施行の改正資金決済法の仮想通貨の定義に反しているものもあり、詐欺などの温床になることもありますので良く調べてから応援する通貨を決めると良いでしょう。ICOについては別記事で詳しく説明します。

番長
ICOするなら海外の取引所「バイナンス」などに登録しておく必要がある。国内のICOの数はまだまだ少ないからな。バイナンスの特徴はこちらの記事にまとめています。

まとめ:買っておけばよかった・・・と後悔しないために

番長
あの時買えばよかった・・・と公開したくないなら口座開設を終わらせ、仮想通貨がいつでも買える状況にしておくことが重要だ。

前述したように仮想通貨は2017年大きく価格を上昇させて話題になりました。数十万円の投資が億になったというのも実話です・・・。
せっかくの投資を無駄に終わらせない為に下記のことに十分注意して投資を行いましょう。

初心者の方へアドバイス

  • 買いたい!と思った時にすぐ買えるように主要な取引所の口座を開設しておく
  • コインチェックビットフライヤーザイフは必須!
  • 上がるかもしれないと思える銘柄を幾つか探して分散投資する
  • SBI住信ネット銀行の口座を持っていると振込手数料を抑えられる
  • セキュリティアップの為、二段階認証は必ず行っておく
  • 大きく稼ぎたいならICO銘柄を探しておく

以上です。
最後までお読み頂きありがとうございました!

更新日:

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2018 All Rights Reserved.