仮想通貨の取引所

バイナンスの特徴・取扱銘柄などを解説

更新日:

バイナンス ロゴ

番長
日本で買えない銘柄が買えるのが人気の秘訣だ。銘柄数は100を超える。手数料が格安(世界トップクラス)というのも特徴だ。

BINANCE(バイナンス)の特徴(メリット)

バイナンス 取引画面

バイナンスは中国の仮想通貨取引所で、2017年に設立されました。取り扱い銘柄は100種類近くあり、急速に知名度を拡大していきました。

しかも現在もさらに増やし続けています。国内の取引所では購入不可能なアルトコインなども購入出来るとあって、バイナンスは非常に人気が高いです。

バイナンスは2017年7月に開設し、約5カ月後の12月には取引高世界一という偉業を成し遂げており、また海外取引所でありながら日本語にも対応しているため日本人の間でもかなり人気の高い取引所です。

日本語対応しているから安心

バイナンス 日本語表記

リエ
若干カタコトで分かりにくい表現もあるけど、英語よりはマシよね・・・

海外の取引所には珍しく、日本語対応している点が特徴の一つです。

今後は東京に支社を立ち上げるなどの動きがあるようで、日本へ進出することが実現できれば現在トラブル時の対応が英語表記のみなどといったことも無くなり、使い勝手もさらに良くなるでしょう。

手数料が格安!世界トップクラス

バイナンス独自のトークンであるBNBを使えば、通常0.1%の手数料が半額の0.05%になります。

手数料の安さは海外の取引所の中でもトップクラスで、たとえばビットレックスと比較しても通常ビットレックスは手数料は0.25%なので、BNBを使えば実質5分の1で購入できるということですね。
バイナンスに購入希望の銘柄があれば、BNBを使って取引するとお得です。

取り扱い通貨が多い

マサ
正直、取扱通貨には見慣れないものも多いですよね。
番長
そうだな、それほど取扱数が多いということになる。これはスゴイ。
ADA(Cardano)
ADX(AdEx)
AE(Aeternity)
AION(AION)
AMB(Amber)
APPC(AppCoins)
ARK(Ark)
ARN(Aeron)
AST(AirSwap)
BAT(Basic Attention Token)
BCC(Bitcoin Cash)
BCD(Bitcoin Diamond)
BCPT(BlockMason Credit Protocol)
BLZ(Bluzelle)
BCX(BCX)
BNB(Binance)
BNT(Bancor)
BQX(ETHOS)
BRD(Bread)
BTC(Bitcoin)
BTG(Bitcoin Gold)
BTM(Bytom)
BTS(BitShares)
CDT(CoinDash)
CHAT(ChatCoin)
CMT(CyberMiles)
CND(Cindicator)
CTR(Centra)
DASH(Dash)
DGD(DigixDAO)
DLT(Agrello)
DNT(district0x)
EDO(Eidoo)
ELF(aelf)
ENG(Enigma)
ENJ(EnjinCoin )
EOS(EOS)
ETC(Ethereum Classic)
ETF(ETF)
ETH(Ethereum)
EVX(Everex)
FUEL(Etherparty)
FUN(FunFair)
GAS(NeoGas)
GTO(Gifto)
GVT(Genesis Vision)
GXS(GXShares)
HCC(HealthCare Chain)
HSR(Hshare)
ICN(ICONOMI)
ICX(ICON)
INS(INS Ecosystem)
IOST(IOStoken)
IOTA(MIOTA)
KMD(Komodo)
KNC(KyberNetwork)
LEND(EthLend)
LINK(ChainLink)
LLT(LLToken)
LRC(loopring)
LSK(Lisk)
LTC(Litecoin)
LUN(Lunyr)
MANA(Decentraland)
MCO(MONACO)
MDA(Moeda Loyalty Points)
MOD(Modum)
MTH(Monetha)
MTL(Metal)
NANO(Nano)
NAV(NAV)
NEBL(Neblio)
NEO(NEO)
NULS(Nuls)
OAX(openANX)
OMG(OMG)
OST(Simple Token)
PIVX(PIVX)
POE(Po.et)
POWR(PowerLedger)
PPT(Populous)
QSP(Quantstamp)
QTUM(Qtum)
RCN(Ripio Credit Network)
RDN(Raiden Network Token)
REQ(Request Network)
RLC(iExec RLC)
SALT(Salt)
SBTC(Super Bitcoin)
SNGLS(SingularDTV)
SNM(SONM)
SNT(Status)
STEEM(Steem)
STORJ(Storj)
STRAT(Stratis)
SUB(Substratum)
TNB(Time New Bank)
TNT(Tierion)
TRIG(Triggers)
TRX(TRON)
USDT(TetherUS)
VEN(VeChain)
VIA(Viacoin)
VIB(Viberate)
VIBE(VIBE)
WABI(WaBi)
WAVES(Waves)
WINGS(WINGS)
WTC(WaltonCoin)
XLM(Stellar Lumens)
XMR(Monero)
XRP(Ripple)
XVG(Verge)
XZC(Zcoin)
YOYO(YOYOW)
ZEC(Zcash)
ZRX(ZRX)

ビットコインの分裂にいち早く対応(コイン分配)

番長
分裂することを「フォーク」と言う。
リエ
なぜ分裂するのか?理由を幾つか紹介しておくわね。
1)仮想通貨の仕様(発行数など)が変更になる
2)システムバグが発見される
3)新たな通貨を生み出すため
マサ
通常、所有している通貨が分裂した場合、分裂後の仮想通貨を配布するなどの措置が行われる事があります。

ビットコインが分裂してビットコインダイヤモンド(BTD)が生まれた時にはバイナンスにビットコインを保有していたユーザー全員に1ビットコインあたり10BTDをいち早く配布しました。

ビットコインは今後も分裂していく可能性があるので多くの投資家達がバイナンスを支持しています。

上場銘柄をユーザーが推薦投票できる

番長
上場すれば、注目度が上がって、チャートが上昇する事が多く投票には注目が集まるんだ。

これまでにもユーザーが推薦したコインはその後価格が上昇しており、実際のユーザーの声を反映しているところも人気の一つです。

安全性についても納得できる。

設立者が中国大手仮想通貨取引所「OKCoin」での運用経験があるChangPeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏

リエ
エンジニア自身が立ち上げたという点では安心感があるわね。
マサ
このジャオさん、総資産が1195~2000億円と言われており、一時は世界3位の資産家としてフォーブスにも掲載されたらしいですよ。

取引高世界一にも関わらずサーバーが落ちにくい

最優秀のエンジニア・チームを引き連れてバイナンスを創設した為であり、注文が通らないなどの不具合が少ないのもうれしい点です。

中国の規制を回避

マサ
国が仮想通貨を規制する動きは中国や韓国、アイスランドで実際に起こっています。

バイナンスは中国発祥の取引所で、「規制の厳しい中国だから凍結される可能性もあるのではないか!?」など心配になってしまいますが、バイナンスは香港に拠点を置いているため実際中国の取引所に一斉規制が入った際には規制を受けませんでした。

しかも本社をカリブ海上のタックスヘイブン、ケイマン諸島に移転する予定とも発表されています。

また先日、日本支部設立予定のニュースが流れていましたが、バイナンスは日本語だけでなく世界7か国語に対応しており、世界展開を考えている様子が見受けられます。

これは、世界中に支部が設立されることでたとえ特定の国で仮想通貨の規制が行われたとしても、運営自体が止まるリスクはなくなります。そういった意味でも安心材料になりますし、多くのユーザーから支持される理由のひとつでしょう。

スマホアプリが使いやすい

バイナンス スマホアプリ

リエ
スマホアプリは使いやすいと評判よ。

アプリが使いやすく場所を選ばすトレードすることが出来るので売買のチャンスを逃すこともありません。

バイナンスの特徴(デメリット)

一日の登録人数が制限されている

2018年1月にはバイナンスの登録者数が急増し、一時期登録休止の状況となりました。
現在は登録を再開していますが、まだ一日の登録人数が制限されている状況ではありますので、登録は早めに済ませておいた方がよいです。(制限数は提示されていません。)

登録できなかった場合は、根気強く次の日などにまた再チャレンジしてみるとよいですよ。

バイナンスの評判、口コミ


このような情報をシェアしてもらえるのはありがたいですね。

日本進出についてのツイ―トも多くみられますね。

世界中に支社をつくる計画が着々と進められていますね。

バイナンスの登録方法から購入までの流れ

まずはバイナンスにアクセスします。

無料登録

バイナンス上部にある「Register」をクリックします。

バイナンス メール登録メールアドレス、パスワードを入力して「Register」をクリックします。

バイナンス 登録後のメールメールが届くので「Verify Email」クリックして登録完了です。

二段階認証

マサ
2段階認証を設定すればハッキングリスクを大きく減らすことが可能です。必ず設定しましょう。
リエ
スマホからは2段階認証はできないので注意が必要よ。

バイナンス 2段階認証 入り口上記に2段階認証の入り口があります。

2段階認証 バイナンス「Google検証」をクリックします。

ログインすると上記画面が表示されますので「Google 検証」をクリックします。

バイナンス Google検証

認証用アプリ「Google Authenticator」をダウンロードします。

iPhoneの方はこちら
アンドロイドのかたはこちら

Google Authenticatorに表示された6桁のワンタイムパスワードを入力して「確認」をクリックします。
これで2段階認証の登録作業は完了です。

またバイナンスでは2段階認証を設定することで1日あたりの出金可能金額を2BTCまで上げることができるというメリットもあります。

バイナンスでの仮想通貨の購入方法

①ビットコインなどを入金

マサ
記事作成時が日本語対応がメンテ中でしたので日本語表示が自動翻訳によるものでちょっと分かりにくいかもしれません。ご了承ください。

バイナンスでは日本円で仮想通貨を買うことができませんので、ビットコインやイーサリアムなどの通貨をビットフライヤーやザイフなどの取引所で購入後、バイナンスへ送金し、その通貨で他の仮想通貨を買う流れになります。

●関連記事
イーサリアムの今後、将来性総まとめ
ビットフライヤーの特徴
ザイフの特徴

バイナンス 入金「ファンド」の上から2番目「貯金」をクリックします。

バイナンスへビットコインを入金複数の通貨を入金できますが、今回はわかりやすくビットコインを選択しています。

「BTC貯金住所」と書かれた下にあるのがあなたのバイナンスBTCアドレスですので、これをコピーしておきます。
※QRコードを表示させて読み取ることも可能です。

ビットフライヤーからビットコインを送金ちなみにビットフライヤーからビットコインを送金する場合を例に説明します。

上記のように「入出金」の「BTCご送付」をクリックします。
ビットコインアドレスのところに先程バイナンスでコピーしたビットコイン送付用アドレスを入力し、ラベルに「myname_binance」などと入れて保存すると分かりやすいでしょう。

バイナンス 着金無事に着金したら、「ファンド」の「残高」から送った通貨(ビットコインなど)の「利用可能額」の箇所に数値が入ってきます。

②手数料を安くするためにBNBを購入しよう。BNBの買い方

リエ
バイナンストークン(BNB)は、バイナンスで仮想通貨の取引手数料を安くすませるために購入するのよ。
マサ
通常「0.1%」の手数料と他の取引所よりも安いのですが、BNBで手数料を支払えば「0.05%」という破格の手数料にすることができます。

バイナンス 取引画面の入り方取引画面には「ベーシック」と「アドバンス」の2種類があります。今回はシンプルなベーシック版で説明します。

バイナンス BNB買い方「BNB」を購入するにはまず、取引画面に入ります。

その後、右上のBTCが選択されている事を確認し(ビットコインでBNBを買うという意味です)中央の下に注目します。

・Limit(指値/注文した金額で買う)
・Market(成行/現状の市場価格にあわせてすぐ買う)
・Stop-Limit(ストップロス注文/予め損切りする金額を決めておく)

このように3つの注文法がありますが、基本的には指値で買うと良いです。
すぐに買いたいなら成行でも良いでしょう。

手数料としてBNBをいくら買えば良い?

例えば10万円分の仮想通貨を買う場合、BNBで手数料を支払えば0.05%の「50円」です。
100万円買っても500円程度の手数料ということになります。

よって、長期的に取引を行う前提の場合は1BNB(1200円程度)
とりあえず買ってみたい場合は0.2BNB(240円程度)
※レートは変動しますのでこちらのサイトなどで確認してください。

これくらい買っておけば問題ないでしょう。

BNBで手数料支払いをONにすること!

バイナンス BNB手数料支払いON最後に忘れてはいけないのが「BNBで手数料を支払う設定」をONにすることです。

画面の通り、マイページに入り「Using BNB to pay for fees」がONになっていることを確認しておきましょう。

取引量を増やすなら個人情報登録をしておこう

バイナンス パスポート登録パスポート情報をアップして本人確認をとると出金額が1日最大100BTCまでに引き上げられます。
パスポートの登録に危機感を感じる方は運転免許証で試してみてください。

過去、Twitterで運転免許証でも認証された方がいました。

偽サイトに注意!

非常に人気のバイナンスですが、とてもよく似たURLを使用した偽サイトが出てきていますので、注意が必要です。

たしかに!「.」がついていますね!!

バイナンスはこのような方にオススメ

・中級者以上でアルトコインをお得に購入したい方(もちろん初心者であっても可能)
・アルトコインをお得な手数料でトレードしたい方
・日本国内にすでに取引所を開設しビットコインもしくはイーサリアムを保有している方。

バイナンスで注目されている名柄

TRX(トロン)

TRXの創業者であるジャスティン・サン氏は、音楽ストリーミングサービス『Peiwo』の開発者で、TRXと最初に統合したのが、『Peiwo』です。『Peiwo』のユーザーは確認できるだけでも1000万人以上とされ、40億件以上のチャットに対応できるとされています。

トロンの将来性まとめ

モネロ(Monero)

匿名性が高く、送金スピードも早い。
時価総額も10位前後にいて、今後の将来性も期待できるコインです。

モネロの将来性まとめ

まとめ

バイナンスの一番のメリットとしては海外取引所でありながら日本語対応しているところ。手数料がかなり安いところ。
取扱通貨が多いこと、独自のトークンを持っていることなどたくさんあります。
それらメリットを以下にまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • 日本で買えない通貨を多くとり扱っている
  • 手数料がかなり安い
  • 日本語対応している
  • 取引所独自のトークンを持っている(BNB)
  • ビットコインの分裂にいち早く対応
  • 上場銘柄をユーザーが推薦投票できる
  • 安全性も抜群

特に手数料が激安という点はメリット大です!

海外の取引所ということで不安視する方も居るかと思いますが、やってみれば全く難しくありません。
是非、この機会にバイナンスデビューしてみてくださいな!

-仮想通貨の取引所

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.