仮想通貨の種類・銘柄

仮想通貨ビットコインとは?仕組みや買い方を解説

更新日:

「仮想通貨」「ビットコイン」
こんなワードが毎日ニュースになっています。ただ、改めて仮想通貨とは?ビットコインとは?と聞かれても、上手く説明できない人も多いのではないでしょうか。

仮想通貨の取得は投資の一部ですので、その背景や誕生、そして仕組みを知っておくべきです。今回は、仮想通貨ビットコインの誕生や仕組みという基本的な部分から、実際にどのように購入するか。そして、保管方法まで解説していきます。

ビットコインの誕生

まずは、ビットコインの誕生について解説します。ここで理解しておくべき点は以下の通りです。

  • ビットコイン誕生の背景
  • ビットコインの仕組みとは?
  • マイニングについて

ビットコイン誕生の背景

ビットコインは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文を基に作られました。サトシ・ナカモト氏は、名前から日本人とされていますが、実際には謎の人物です。その論文に興味を持った人たちがプログラミングし、ビットコインが誕生するに至りました。

ビットコインの仕組みとは?

ビットコインの仕組みで欠かせないのが以下の2点です。

  • 管理者がいない
  • ブロッチェーンという仕組み

日本円には日本銀行、アメリカドルにはFRBという中央銀行があります。言い換えると、この中央銀行があるからこそ「通貨」として信用されているのです。一方、ビットコインにはこのような管理者がいません。だからこそ、送金時も面倒な手続きがないので、送金手数料は安価で送金スピードも速いのです。

また、ビットコインは「ブロッチェーン」という仕組みが最も注目されたと言っても良いでしょう。ブロッチェーンとは、取引を鎖のようにつなぎ管理する「取引記録」の仕組みです。従来は、金融機関が個別に管理していましたが、ビットコインは取引記録自体をつなげることで管理しています。

たとえば、時系列順にA-B-Cという取引があれば、その順番で記録がつながります。そのため、Aを改ざんしようとしても、B以降のリアルタイムでつながっている取引記録全てを改ざんする必要があるため、実質Aの改ざんは不可能です。このブロッチェーンによって、管理者がいなくてもセキュリティが保たれているというわけです。

マイニングについて

さらに、ビットコインをはじめとした仮想通貨には、マイニングという仕組みがあります。マイニングとは、新規にビットコインが付与される仕組みです。上述したように、ビットコインはブロッチェーンの仕組みで取引が記録されます。

言い換えると、金融機関などが記帳するわけではないので、ビットコインの送受金などの記録は、誰かがコンピューターで計算処理をしなければいけません。そのため、有志の企業や個人などがコンピューター処理をして、一番先に処理した人にお礼としてビットコインが付与されます。それがマイニングです。

ビットコインは、このような仕組みが注目され、誕生からわずか10年でここまで注目されているのです。

日本における仮想通貨の現状

結論からいうと、日本の仮想通貨事情は遅れています。現に、ビットコインで買い物できる大手の店舗は、ビックカメラなど一部の店舗・企業に限られています。

たとえば、シンガポールではビットコインの自動販売機があります。この自動販売機は現地の企業が開発したもので、自動販売機を利用すればシンガポールドルをビットコインに両替できます。

また、オーストラリアでは郵便局を訪れればビットコインをはじめとする仮想通貨を購入することができます。一方、日本では取引所で口座を開設し、その口座に日本円を入金して購入するという方法です。

そのため、自動販売機や郵便局で手軽にビットコインが手に入る国に比べると、日本ではビットコインをはじめとした仮想通貨にまだまだ馴染みが薄い人が多いでしょう。

仮想通貨FXとは?

仮想通貨取引をするときに現在注目されているのは、仮想通貨FXです。仮想通貨FXは以下の点を理解しておきましょう。

  • レバレッジ
  • 空売り
  • 証拠維持率

レバレッジ

仮想通貨FXが最も注目されている理由は、レバレッジ取引ができるからです。レバレッジ取引とは、自己資金を元手に最大25倍程度の取引ができることです。この倍率は取引所ごとに異なるので確認しましょう。

仮に、レバレッジが25倍であれば、100万円の資金がで最大2,500万円まで取引が可能になります。そのため、少ない自己資金で大きな利益を得られる可能性があるので注目されているのです。ただし、大きく損害を被るケースもあるので、その点を認識しておきましょう。

空売り

また、株式投資と同じで仮想通貨FXなら空売りができます。空売りとは、ビットコインを売却しておき、ビットコイン価格が下がったときに買い戻すという手法です。つまり、通常の取引とは逆で、ビットコインが「下がりそう」と思ったときに空売りを仕掛けることで利益を得られます。

証拠維持率

ただし、仮想通貨FXには証拠維持率という仕組みがあります。たとえば、「証拠維持率が50%未満で強制ロスカット(強制的に売却)」されるとします。このとき、100万円を元手に10倍のレバレッジをかけるとします。

この場合、1,000万円のビットコインを取得できますが、ビットコイン価格が下がり、1,000万円分のビットコインが949万円になったとします。このとき損失は51万円なので、元手の100万円から51万円を差し引くと49万円になっている状態です。

元手を100%(100万円)としたときに49%(49万円)まで下がっていますので、証拠維持率50%未満となり、新たに1万円を追加しないと強制的にロスカットとなるのです。これが、仮想通貨FXのリスクになるので注意しましょう。

仮想通貨ビットコインの将来性

仮想通貨ビットコインの将来性はポジティブな面とネガティブな面があります。まず、ポジティブな面は仮想通貨の認知度が世界的に広がっている点でしょう。

仮想通貨は需給バランスで価格が決まるので、需要が多いほど価格は上がります。そのため、仮想通貨が世界で認知されるほど需要が上がり、価格も上がりやすいというわけです。

一方、ネガティブなニュースは、マネーロンダリングなどを恐れ、仮想通貨を規制している国があるという点です。たとえば、中国などは国内の仮想通貨取引所は閉鎖されました。このような動きは各国で起こっているので、今後各国がどのような規制をするかは注目しておくべきです。

いずれにしろ、仮想通貨の需要が上がるかどうかがカギとなるので、認知度・取引量・各国の規制の3点は常にウォッチしておくべきでしょう。

仮想通貨ビットコインの取引方法と保管方法

さて、最後に仮想通貨ビットコインの取引方法と保管方法を解説します。特に、保管方法は自分の仮想通貨を守るためには必須なので理解おきましょう。

おすすめの取引所

仮想通貨購入におすすめの取引所は以下です。

  • ビットフライヤー
  • ザイフ

国内に多数の取引所がありますが、取り扱い通貨種類や手数料など大きくは変わりません。多少の違いはありますが、どこかが飛びぬけて秀でているわけではないのです。そんな中でビットフライヤーをおすすめする理由は、「世界一のセキュリティ」であると第三者から太鼓判を 押されている点です。

大量のNEM(仮想通貨の一種)を流出したコインチェック事件から、取引所のセキュリティは注目されています。その中で第三者に太鼓判を押されているのは安心材料と言えるでしょう。

また、ザイフは取引手数料が「‐0.1%」という点も注目すべきポイントですが、独自にトークンを発行している点です。トークンも仮想通貨と同様、ウェブ上に存在する通貨のような存在です。

先ほどいったように国内取引所の取り扱い通貨は、それほど差はありません。その点、トークンを売買できるという点は、取引の裾野を広げることができるのです。

保管方法

ビットコインを購入したら、ソフトウェアウォレットかハードウォレットのどちらかで保管すると良いでしょう。ソフトウェアウォレットとは、PCやスマホなどの端末に自分専用のウォレットをつくり、そこに秘密鍵(≒暗証番号)を保管します。ハードウェアウォレットは、USBのような端末に秘密鍵を保管します。

つまり、取引所に預けている秘密鍵を自分で管理するので、取引所がハッキングされても自分のコインを守れるということです。ただし、ソフトウェアウォレットはweb上のウォレット(ホットウォレット)なので、ハードウェアウォレットよりはハッキングリスクがあります。

一方、ハードウェアウォレットはweb上につながっていないウォレット(コールドウォレット)なので、ハッキングリスクはゼロと言っても良いでしょう。しかし、端末(ハードウェア)自体の取得費用が1万円前後かかります。

ソフトウェアウォレットもハードウェアウォレットも、ビットコインならほぼ全て対応しています。有名なウォレットでいうと、ソフトウェアウォレットならBitcoin Core、ハードウェアウォレットならレジャーナノSです。

まとめ

このように、ビットコインには独自の仕組みがあり、その仕組みが注目されて爆発的に普及しました。しかし、まだまだ日本でも普及する余地はあります。
おさえておきたいポイント
1.ビットコインの仕組みや背景を知っておく
2.日本は仮想通貨はまだまだ浸透していない
3.仮想通貨FXは大きな収益を上げられるがリスクも大きい
4.仮想通貨の今後は需要が上がるかどうかを見極める
5.仮想通貨を守るためのウォレットを理解する

まずは、取引所で口座を開設し、少量でもビットコインを取得してみると良いでしょう。そうすれば、ビットコインのニュースにもアンテナが張り、適切な情報収集ができます。

-仮想通貨の種類・銘柄

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.