仮想通貨の取引所

ビットフライヤーの特徴・メリットとデメリットを解説

更新日:

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤー

番長
セキュリティ、補償に強いと言う面で選ぶならビットフライヤーは特に優秀だ。

2018年1月26日にコインチェックで起きたネム580億円分の流出事件はまだ記憶に新しくそのハッキング問題を受け、他の取引所でもそれぞれセキュリティ対策を強固にする動きが活発化しています。(コインチェックの詳しい説明はこちら

そもそも、ビットフライヤーはセキュリティ面では定評があり、更に500万円までの補償制度を設けている事などからユーザーからの信頼度が高い特徴があります。

詳しいその内容やその他特徴やメリットを詳しくご紹介していきます。

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーの最大の特徴は強靭なセキュリティです。多くのセキュリティ対策であなたの大切な資産を守る対策をしています。

セキュリティ対策には特に力を入れている

ビットフライヤーの特徴1 セキュリティが強固

次世代暗号最高強度のDigiCert(デジサート)を取り入れている

番長
デジサートはマイクロソフトに推奨されている業界最高峰の暗号化通信証明書だ。デジサート公式サイトはここだ。

※デジサートとはSSLサーバ証明書のこと。通信に次世代暗号を取り入れておりセキュリティの強化を行っています。

システム内部の通信にもSSLを使用

マサ
SSL(暗号化通信)を行うことで通信中に情報が読み取られるリスクを大幅に低減できるんだ。

システム内部のデータ通信にもSSL(暗号化通信)が使用されています。
外部のネットワークからの攻撃や不正なアクセスからネットワークやコンピュータを守るためのソフトウェアやハードウェアを使用し、不正アクセスの常時監視、負荷分散、外部からの攻撃を回避しています。

パスワードの強度チェック

リエ
パスワードを推測されにくくするというのは必須よね。

ビットフライヤーでは、よくパスワードに使用されるような文字列を禁止し非常に強固なパスワードを推奨しています。

パスワード設定する際は、9文字以上100文字以下で、よく使われる文字列「1234、asdf、1980」などは 1 文字としてカウントされ、アルファベット小文字・アルファベット大文字・数字・記号のうち最低 2 種類を使用することとしています。

マルチ・シグネチャ対応

マルチ・シグネチャ(マルチシグ)とは送金を行う際に複数の「秘密鍵(暗証番号のようなもの)」が必要な仕組みでセキュリティを高めるために利用されています。

2018年1月に発生したコインチェックはこのマルチシグの対応を怠っていた事からハッキングにあったとされているため、その重要性がいかに高いかお分かりになるかと思います。(コインチェックの特徴や評価はこちら

コールドウォレットに「80%以上」を保管

番長
コールドウォレットとは物理的にネットから遮断された場所であるということだ。詳しくは「仮想通貨「おすすめウォレット」種類や使い方を解説」を読んでくれ。

お客様及び ビットフライヤーが所有する 80% 以上のビットコインは、コールドウォレットに保管されています。コールドウォレットはネットワークから隔離された状態で多数の物理セキュリティロックと、24 時間監視システムにより強固に守られています。

資産の分別管理

番長
徹底したリスク管理が求められる時代だから評価される取り組みだ。

ビットフライヤー は顧客のビットコインや日本円などの資産を、ビットフライヤー が保有する資産と明確に区分し管理しています。また銀行口座は本人の入金をより確かなものにするために、顧客別の銀行口座を使用しています。

ビットフライヤーその他メリット

ビットフライヤーの特徴2 補償が最大500万円

不正出金時の補償が国内最高500万円

番長
最大500万円までの補償、これは手厚い。

二段階認証済みであることが原則ですが、二種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約しており、他の取引所と比較して不正出金時の補償額は他社と比べて1番良いです。

たとえば不正日本円出金などが発生した際、預け資産が100万円以上で最大500万円まで補償されます。
これは「不正な日本円の出金が確認された場合」が対象となります。

コインチェックは最大100万円まで補償。ザイフは未発表で未設定という事を考えるとこれだけでも十分評価に値する施策であると言えます。

さらにセキュリティを高めたいならハードウェアウォレットに仮想通貨を移動するなどする必要が望ましいと言えます。
ハードウェアウォレットに関してはこちらの記事で詳しく紹介しています。

三井住友銀行にブロックチェーン技術を提供

今まで、電話回線・公衆回線で実現していた基幹システムとの連携をネット回線で実現できるようになり、結果、業務の効率化を実現できるということです。

番長
仮想通貨を支える「ブロックチェーン技術」が銀行や各種決済方法の手助けをしていく未来が見えるな。ビットフライヤー独自のブロックチェーンmiyabiのHPはこちら

メールアドレスの指定でビットコインが送付できる

リエ
ビットフライヤー間での送金は無料、しかも早いのよね。

ビットフライヤーには「bitWire」サービスといってメールアドレスの指定でビットコインが送付できるサービスがあります。面倒なビットコインアドレスを入力することなく支払いや友達への送金に使用可能で、さらにビットフライヤーアカウント同士間の送金であれば即時で可能で手数料も無料です。

通常ビットコインの送金は最短10分かかるところを「bitWire」ですぐに送金可能であるため支払いなど非常にスムーズな決算が可能です。

ビットコインを無料で貯められるサービス

ビットフライヤー 無料でビットコインを入手ビットフライヤーと提携している様々なサービスを利用することでビットコインが還元されるサービスが素晴らしい。

例えば楽天。
ショッピングの0.6%がビットコインで還元されます。

マサ
1万円のお買い物をすれば600円分のビットコインが還元されることになりますね。

その他、「じゃらん」「ZOZOTOWN」「楽天トラベル」「ヤフーショッピング」など大手がズラリと並んでいます。
ビットフライヤー 無料でビットコインをもらう利用方法は、ビットフライヤーにログイン後、左メニューの「ビットコインをもらう」に並ぶバナーを経由でサービス利用をするだけ。

ビットフライヤーのデメリット

送金手数料が高い

番長
仮に1BTC100万の場合、手数料の「0.0008BTC」は約800円になる。意外に高いから送金する際はまとめてが良いぞ。

ビットコイン送付手数料は0.0008BTC(bitWireのぞく)で、
国内大手の取引所の送金手数料と比較すると(2018年1月9日時点)以下の通りです。

●各取引所の送金手数料
無料:GMOコイン、QUOINEX、BITPoint、みんなのビットコイン
0.0001BTC~ザイフ、ビットバンクトレード
0.0005BTC:ビットトレード、
0.0008BTC~:ビットフライヤー、DMMBitcoin、
0.001BTC:コインチェック
リエ
手数料で選ぶならやっぱり「ザイフ」がイチオシ!ということになるわね。

ザイフの詳細はこちら

クレジットカード購入は1週間送金・売却不可能

番長
いくら急いでいたとしてもクレジットカードでの購入はやめておけ。手数料が高すぎる。

クレジットカードでビットコインを購入すると手数料が約8%前後かかるうえに送金や売却などは1週間出来ないので注意が必要です。

ビットフライヤーその他の特徴

ビットフライヤーの取扱銘柄

番長
手数料は割高だが、ビットフライヤーの補償、セキュリティを考えると安さだけを求めるのはナンセンスだ。
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BTH)
・モナコイン(MONA)

ビットフライヤーの登録方法から購入までの流れ

ビットフライヤー アカウント開設

アカウント作成

・口座の開設は現状「無料」ですので、有料になる前に済ませておくことをおすすめします。

ウォレットクラス・トレードクラスの違い

ビットフライヤー ウォレットクラス トレードクラスの違い

ウォレットクラス

メールアドレスを使って、登録さえすませればウォレットクラスになります。
仮想通貨の預入、送付はできますが「仮想通貨の購入、売却」はできません。

トレードクラス

「本人情報の登録」や「郵送での本人認証」が完了した時点でトレードクラスに昇格します。
仮想通貨の売買を含めて全ての機能を使うことが出来るようになります。

トレードクラスに必要な処理
・電話番号認証
・本人登録情報入力(個人情報入力・身分証明書アップロード)
・銀行口座情報確認(ネット銀行がおすすめ)
・本人確認書類提出
(本人と身分証明書の写真・身分証明書の表の写真・身分証明書の裏の写真が必要)
番長
ウォレットクラスになっても何の意味も無い。速やかに本人認証まで終わらせて、トレードクラスになるように。

セキュリティ設定

面倒ではあるかもしれませんが、ビットフライヤーは強固なパスワード設定が必要です。また二段階認証の設定も必須です。

日本円の入出金方法

・銀行振込(とくにおすすめはネット銀行)営業時間、手数料は各銀行に準じています。
・クイック入金 (コンビニやペイジーが利用可能です。)
・クレジットカードも24時間365日入金可能
(クレジットカードでビットコインを購入する場合、手数料が約8%前後かかるうえに送金や売却などは1週間出来ないので注意が必要。)

ビットフライヤーの評判、口コミ

ますます利用幅が広がりますね。

やはりセキュリティの面でもビットフライヤーはおススメですね。

まとめ

セキュリティ面を強化していて他にもさらにメリットの多いビットフライヤーですが以下に今回お伝えしたおもなビットフライヤーのメリットをまとめてみました。

ビットフライヤーの特徴まとめ

  • 強固なセキュリティ
  • 不正出金は500万円まで補償
  • ビットコイン・アルトコインの売買手数料が無料
  • ビットフライヤーユーザー間での送金手数料無料、そして早い

セキュリティ、補償で選ぶならビットフライヤー一択で問題ありません!

手数料の安さで選ぶなら「ザイフ」がオススメです。ザイフの詳細はこちら

-仮想通貨の取引所

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.