仮想通貨の種類・銘柄

CMS(コムサ)の将来性!今後はどうなる?

更新日:

CMSの将来性とは

番長
コムサと言えばザイフ運営のテックビューロが発行するトークンだ。ザイフのメリデメはこちら

マサ
ICOを支援する事を目的としており、今後注目される可能性が高くなると予測できますね。
リエ
今後3000円くらいまで上昇するのでは?と予測する人もいるくらいよ・・・。期待しちゃうわね。

コムサ(CMS)トークンとはどんな通貨なのか

COMSAプロジェクト
ザイフの運営元であるテックビューロはICOを支援する「COMSA」というプロジェクトを2017年に発足しました。そのコムサが発行しているのがCSMトークンです。

ICOとは「イニシャル・コイン・オファリング」の略で、仮想通貨を使った資金調達方法の事を指します。

ここでICOについておさらいしておきましょう。

ICOとは

番長
これからの時代、ICOを使って資金調達をする企業が増えるだろう。一方、行政の規制も厳しくなることが予測される。
マサ
こんなニュースもでていますね。(2018/2/27)金融庁が「ICO」規制へ 法改正も視野 差し止め含め検討
リエ
ICOは儲かるかも~って飛びつくのは危険よ!

今まで事業者の資金調達の手段として「上場して新規株式公開(IPO)する」という方法一般的でした。

しかし様々な審査、監査などが必要で簡単に言うと手間が膨大にかかるというデメリットも目立った手法だったのです。

そこで注目を浴びているのがICOです。仮想通貨とともに登場し、資金調達に革命を起こしています。

ICOは仮想通貨(トークン)を発行してそれを購入して貰う形で資金を集めるので上場に比べると圧倒的に手間もかからないという点が注目を集めている理由です。

ICOは法整備なども含めてまだまだ発展途上段階であり、詐欺事件なども発生しているため今後は規制が厳しくなっていく事が考えられます。

ICOを支援する「COMSA」ソリューションとは

番長
ICOで資金調達したいってときにバックアップしてくれるのがCOMSAってことだ。

コムサの役割は、ブロックチェーン技術を導入してICOを希望する企業を支援することにあります。

前述しましたがICOでの資金調達を巡っては詐欺(お金が集まった後に雲隠れするなど)が多発しており、法規制もこれからという段階です。

これから重要となるのは「COMSA」のようなICOを支援する団体です。

例えばこのような場合どちらが信頼できるでしょう。

A社:COMSAソリューションを通じてICOを実行。ザイフでトークン販売

B社:独自でICOを実行し、海外の名も知れない取引所で販売

当然前者になりますよね。
という意味で「信頼」をバックアップするという側面も持ち合わせていることになりますね。

当然、これからICOしたい(資金調達したい)事業者にとってはICOのやり方、ノウハウを直接支援してもらえる訳ですから二重にありがたいということになるのです。

CMS(コムサ)トークンの価格・チャート

コムサ チャートCOMSAでは独自トークンであるCMSを発行し1ヶ月で約109億円の調達に成功しています。

チャートを見てみましょう。

ICOの段階で「1CSM=1ドル(約110円)」で販売されました。
上場直後は約4倍の400円程度まで上昇しましたが、2018年3月12日現在は約70円くらいまで値が下がっている状態です。

正直、ICO直後と同等の価格で買える今はチャンスだと踏んでいます。

番長
ICOの見直しについて国が目を光らせている今だからこそ、注目の可能性がある。そう考えて当然ではないだろうか。

今後、将来性について。コムサトークンは上がる?

正直、上がると思います。

ここまでお読みいただいた方はお分かりでしょうが、事業者が資金調達していく上で今後ICOは確実に注目されていきます。
そしてももっとポピュラーな存在になると考えます。

事業者でなくても個人単位でも当然ICOを行うことは不可能でないでしょう。

しかし、いざICOで資金調達したい!と思ってもやり方が分からなければ台無しです・・・。

今現在ICOにいてはこのようなニュースもでてきています。

金融庁が仮想通貨での新調達規制へ 法改正も視野 差し止め含め検討

仮に今後「ICOを実行するには認定された第三者機関による審査通貨が必要」または「定められたルールをクリアした場合のみ実施可能」などの法的措置が発表された場合、注目をあびるのはほぼ確実であると考えます。

コンセプトも分かりやすいですし、注目される可能性も十分秘めている、それがCMSトークン!

ザイフで購入が可能です。
ご興味があれば価格が低いうちに・・・。

ザイフに関する詳しい説明はここでまとめています。

-仮想通貨の種類・銘柄

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2020 All Rights Reserved.