仮想通貨の種類・銘柄

ライトコインの今後・将来性を解説

投稿日:

アルトコインの先駆けともいわれる「ライトコイン」をご存知でしょうか。ビットコイン以外のアルトコインに注目している人は、ライトコインの存在が気になっている人もいるはずです。そこで今回は、ライトコインの仕組みやチャート遷移、将来性などをまとめて解説していきます。

ライトコインとは?

ライトコインは、2009年に発表された仮想通貨であり、2011年に公開されています。ライトコインの誕生には、ビットコインを「金」としたらライトコインは「銀」を目指したと、開発者である元グーグルエンジニアのチャーリー・リー氏(中国人)は語っています。

ただ、「銀」といっても、ビットコインより劣るコインを作るという意味ではありません。詳しくは後述しますが、ライトコインはビットコインの弱点を補完した特徴を持っており、金・銀・プラチナなどのように、ビットコインと同列であるコインを目指したという意味のようです。

ただ、ライトコインの誕生時点で既にビットコインは先行していたので、「その次の仮想通貨」という意味で銀を目指したと語っています。

ライトコインの特徴

さて、そんなライトコインの特徴としては、以下の点が挙げられます。

ビットコインとの違い

上述したように、ライトコインはビットコインの弱点を補完しているコインなので、その仕組みがビットコインと似てきます。その中で、ビットコインとの違いは、送金スピードとそれに伴うマイニングのしやすさです。

ビットコインのブロック生成時間は約10分に対し、ライトコインのブロック生成時間は4倍の2.5分です。つまり、ライトコインの方が決済や送金スピードが速いという特徴があります。では、なぜビットコインの4倍ものスピードでブロックが生成できるかというと、それはビットコインと暗号化方式が異なる点です。

仮想通貨のブロックチェーンは暗号化されることでもセキュリティを保っており、その暗号化するプロセスがライトコインはビットコインよりも速いのです。そのため、取引記録を生成するスピードが速くなるというわけです。それは、言い換えると暗号化する手順がビットコインよりも単純ともいえます。

そのため、取引記録を生成するための「計算処置」をすると仮想通貨がもらえる「マイニング」という作業が、ライトコインはビットコインよりも速く簡単にできます。この点から、ライトコインはビットコインよりも比較的マイニングしやすいコインともいわれているのです。

SegWit

また、ライトコインの特徴を語る上で外せないのはSegWitです。SegWitとは、いわゆる「スケーラビリティ問題」と言われる、仮想通貨の処理スピードに関する問題の、解決方法の1つです。スケーラビリティ問題とは、取引記録の「ブロック」容量が小さいことで取引に遅延が起こる現象です。

仮想通貨で採用されている取引記録手法であるブロックチェーンは、1つ1つの取引記録であるブロックの大きさが決まっています。そのため、1つのブロックに書き込める情報量が制限されているのです。

単純に考えるとブロックを大きくすれば良いのですが、ブロックを大きくすると大容量のデータを管理できる端末が必要になるので、参加者が限られてしまうのです。

そこで、SegWitと呼ばれる取引データを圧縮する方法が開発されました。データを圧縮することで空きスペースを増やし、情報の伝達をスムーズにしたというわけです。ライトコインは、このSegWitを採用している点も特徴と言えます。

マサ
SegWitに関する詳細はこちらにまとめています。

ライトコインのチャートや時価総額について

次に、ライトコインのチャートや時価総額を見ていきましょう。また、これらを見た上で、ライトコイン価格が今後どのように推移していくかも予想します。

ライトコインのチャートと時価総額

ライトコインは2018年4月時点で65.3億ドル(≒6,856億円)の時価総額(通貨価格×発行枚数)を誇り、仮想通貨の中でも第5位に位置しています。そんなライトコインのチャートは以下(青部分)です。

価格を抽出すると・・・
2014年7月:9.4ドル
2015年7月:4.3ドル
2016年7月:3.8ドル
2017円7月:40.38ドル
2017年12月:366.15ドル
2018年3月:157.25ドル
となっており、ビットコインをはじめ仮想通貨が盛り上がった2017年12月にピーク値を付けています。そのピークと比べると2018年3月時点では半分以下の価格に落ちていますが、それでも1年半で数10倍になっています。

今後の価格は?

ライトコインの将来性を占う上で最も重要なのが、中国での仮想通貨取引規制でしょう。というのも、ライトコインのユーザーの7割以上が中国人と言われていた時期もあるほど、ライトコインは中国人の保有率が高いからです。

これは、日本発の仮想通貨であるモナコインを、自国民である日本人が多く保有していることと同じです。前項のチャートを見てもらえると分かりますが、中国で仮想通貨取引規制が発表された時期と連動して、ライトコイン価格も下落しています。

もちろん、中国での仮想通貨取引が規制されたとしても、中国人が保有しているライトコインが無に帰すわけではありません。ただ、少なくともライトコインの需要が下がるリスクにはつながり、それがライトコイン価格の下落につながる可能性があるということです。

もちろん、上述した「取引スピード」などのプロダクト的な側面も大事であり、事実2017年4月にSegwitの採用が決まったことで値上がりしています。

ただし、今後の需要を占う上では、中国発のコインであり中国人が多く保有しているということで、中国での仮想通貨規制を注視しておくべきでしょう。

取得できる取引所や保管方法

ライトコインを取得できる国内の主要取引所は以下の通りです。
・ビットフライヤー
・ビットバンク
・GMOコイン
・ビットトレード
・コインチェック

注意すべきは、販売所と取引所になります。ライトコインに限らず、仮想通貨を取得するときは販売所と取引所の2種類あり、販売所の方がスプレッド(≒手数料)は高いです。そして、上記の取引所の中で、販売所のみの取引所はビットフライヤー、GMOコイン、コインチェックになります。

ただ、そのほかの取引所も、ライトコインと日本円ではなく、ライトコインとビットコインでの取引になります。つまり、まずビットコインを取得してからライトコインを取得するということです。

おすすめとしてはビットバンクです。ビットバンクならライトコインも取引所で売買できるので、手数料(≒スプレッド)が安いからです。また、金融庁にも登録しているので、その点も取引時の安心材料と言えます。

また、仮想通貨を保管するウォレットは、ソフトウェアウォレットとハードウェアウォレットに分かれます。ソフトウェアウォレットはPCなどの端末に自分のウォレットを作り、ハードウェアウォレットはUSBのような端末に自分のウォレットをつくります。

そのため、ソフトウェアウォレットはPCなどをハッキングされるリスクがゼロではないので、セキュリティはハードウェアウォレットの方が高いです。しかし、ソフトウェアウォレットは基本無料で利用できますが、ハードウェアウォレットは1万円前後の費用がかかります。

そんな中、ライトコインのソフトウェアウォレットは、最もメジャーなLitecoin Electrum、スマホで利用したければLoafWalletが良いでしょう。また、ハードウェアウォレットは、これもまた最もメジャーなハードウェアウォレットであるLedger Nano Sがおすすめです。

まとめ

今回は、ライトコインの概要や将来性について紹介しました。
おさえておきたいポイント
1.ライトコインはビットコインの仕組みと似ている
2.ビットコインとの違いは送金スピードとマイニングのしやすさ
3.ライトコインはSegWitを採用している
4.ライトコインは中国人の保有率が高い

ライトコインは、メジャーなアルトコインの1つにまで成長しました。今後は、中国の取引規制の動向と共に注目すべきコインです。

-仮想通貨の種類・銘柄

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.