仮想通貨の種類・銘柄

仮想通貨キャッシュ(QASH)とは?その特徴や将来性

投稿日:

QASHの特徴

QASHは2017年11月に発行された比較的新しい仮想通貨です。最大発行枚数は10億QASHとかなり多めです。ビットッコインの最大発行枚数が2,100万枚ですので比較すると枚数の多さが分かると思います。現時点では3億5千QASHが発行済みです。

QASHはトークン

QASHはビットコインやライトコインのような仮想通貨とは性質が違います。ビットコインやライトコインなどはPoWというアルゴリズムが採用されており、マイニング(採掘)をすることによって通貨が新規発行されます。PoWは「Proof of Work」の略語であり、コンピューターに計算(仕事)をさせることによって承認がされるという仕組みです。最大発行枚数に達したあとは通貨が新規発行されなくなりますが、トランザクション手数料がもらえるというメリットがあるので、マイニング(採掘)をする人はいなくならないと考えられています。QASHはというと、このような特徴は持っていません。QASHはイーサリアム上で作られたERC20基準のトークンです。マイニングによって新たに仮想通貨が発行されるわけではなく、発行者が最大発行枚数や発行のタイミングを決めることができます。

ERC20とは?

イーサリアムという仮想通貨にはトークンを新規で発行するという機能もついています。その機能を使って発行されたトークンのうちの1つがERC20です。よく誤解されていますが、ERC20は仮想通貨ではありません。ERC20は規格です。ERC20というルールがあることで、
・1からトークンを作らなくてよい
・取引所での取り扱いが楽になる
・1つのウォレットでまとめて管理できる
・ERC20という基準に準拠していることである程度の信頼性が保証される
といったメリットがあります。

QUOINEXが発行している

QASHはQUOINE株式会社が発行しています。QUOINE株式会社は2016年にシンガポールから日本に本社を移したので日本の企業です。QUOINEXという仮想通貨取引所を運営しています。QUOINEXはコインエクスチェンジと読みます。QUOINE株式会社はLIQUID(リキッド)というプラットフォームを開発中です。QASHはリキッド上で使われる予定のトークンです。QASHが特別な機能をもっているわけではなく、QASHはリキッドというプラットフォームにおいて基軸通貨として使われる予定の
トークンです。

QASHの時価総額ランキング

2018年3月時点でQASHは時価総額ランキング56位です。2017年11月に発行されたばかりのトークンなのにかなり上位に位置しています。まだプロジェクトは稼動していないので、期待値だけでここまでの順位にきているということです。

LIQUIDプラットフォームとは?

QASHはLIQUIDプラットフォーム上で基軸通貨として使われる予定のトークンなので、LIQUIDが
成功するかどうかが重要になります。LIQUIDを簡単に説明するなら、世界中の仮想通貨取引所とつながっており、流動性を提供することが目的のプラットフォームです。

流動性とは?

流動性とは、一般的にものが流れ動く容易さをあらわす言葉です。経済用語として流動性という言葉が使われるときには、資産がいかに簡単に交換できるかをあらわしていることが多いです。現在、仮想通貨がもっている問題点の1つに流動性の低さがあげられます。具体的には、次のような問題点です。
・同じ仮想通貨でも取引所によって価格が異なる
・取引所によって取り扱っている仮想通貨が異なる
たとえば、ビットコインを持っている人がそのビットコインとリップルという仮想通貨を交換したいと考えたとします。しかし、自分が登録をしている仮想通貨取引所ではリップルを取り扱っていませんでした。あるいは、リップルを取り扱ってはいるが他の取引所と比べて価格がかなり高くなっていたとします。そのようなとき、リップルをビットコインと安く交換できる取引所へと仮想通貨を送金するでしょう。しかしそのためには時間と手数料がかかってしまいます。これは流動性が低い状態と言えます。

LIQUIDは世界中の取引所とつながる

LIQUIDは世界中の取引所とつながるので、きわめて流動性の高いサービスを提供していくれます。LIQUIDが完成すれば複数の取引所で口座開設をして、取引所間で仮想通貨を送金しあう必要がなくなるでしょう。

QASHの将来性は?

QUOINE株式会社はBitfinexという海外の大手取引所と提携しています。これによってLIQUIDというプロジェクトの実現へと一歩近づきました。さらに、世界最大規模のBinanceとも提携を結びました。その後2017年12月にジブラルタル証券取引所と戦略的事業提携を結んでいます。
LIQUIDは壮大な目標を持っており、ライバルも多いのでそれなりにリスクもあります。しかし、もしも壮大な目標が達成できたら暴騰するであろうトークンです。今のうちから投資をしておこうと考える人が多いのもうなずけます。現在銀行業務ライセンスも申請中であると公表されています。

QASHを取り扱っている取引所/h3>
QASHを取り扱っている取引所として代表的なところはHoubiです。Houbiは中国の三大取引所のうちの1つです。QUOINE株式会社が運営しているQuoineでも取り扱っています。QUOINE株式会社は日本ではコインエクスチェンジを運営していますが、海外向けにQuoineという取引所も運営しています。残念ながら日本の取引所では現在のところトレードができませんので、HoubiもしくはQuoineがおすすめです。

まとめ:QASHは壮大な目標を持っている

QASHというトークン自体は特別な機能は持っていません。重要なのはLIQUIDプラットフォームの実現です。どの仮想通貨でも言えることですが、予定されているプロジェクトは必ず実現するというわけではありません。QASHという仮想通貨がもつ最大のリスクはプロジェクトが途中で頓挫してしまうというリスクです。

おさえておきたいポイント
1.QASHはERC20基準のトークン
2.QASHはLIQUIDプラットフォームで主に使われる予定
3.LIQUIDプラットフォームは仮想通貨取引の非流動性の問題を解決する
4.BitfinexやBinanceと提携している
5.プロジェクトが失敗してしまうリスクもある

現在2000種類は存在すると言われている仮想通貨の中でも、時価総額ランキング56位に位置しているQASHは人気が高い仮想通貨と言えます。しかしまだリキッドプロジェクトは稼動しておらず、現在のところは特別な使い道がないトークンでもあります。投資をしている人はその将来性に期待をしています。リスクもあるということを理解したうえで、失ってもよい程度の資産を投資しましょう。

-仮想通貨の種類・銘柄

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.