仮想通貨ブログ

仮想通貨の買い時とは?仮想通貨を今からはじめても遅い?

投稿日:

2017年に大流行した仮想通貨ですが、今では投資の一種としての地位を確立しつつあります。そんな中、仮想通貨の買い時はいつか?今からはじめても遅いか?と疑問に思う人が多いのも事実です。

今回は、仮想通貨の基礎的な説明や仮想通貨の買い時、そして今からはじめても遅いか?という疑問に答えていきます。

仮想通貨ってそもそも何?

仮想通貨とは、簡単にいうとネット上に存在する通貨のことです。そのため、紙幣や硬貨といった実物のお金はないのが特徴です。そんな仮想通貨に関しては、以下のような基礎的な点は理解しておきましょう。

  • ビットコインとアルトコイン
  • 注目されているブロックチェーンとは?

ビットコインとアルトコイン

仮想通貨=ビットコインと思っている人も多いと思いますが、ビットコインはあくまで仮想通貨の一種です。仮想通貨と言われるものは1,000種類を超えると言われており、誰でも作ることができるので、その正確な数を把握している人はいません。

また、ビットコイン以外の仮想通貨を、総称して「アルトコイン」というので、アルトコインという名前の仮想通貨があるわけではありません。アルトコインにも、リップルやイーサリアムなど、色々な通貨があるのです。

今ではビットコイン以外の仮想通貨も良く取引されるようになりましたが、数年前まではビットコイン以外の仮想通貨はほぼ取引されていませんでした。そのため、ビットコインだけ独立して「ビットコイン」と呼ばれているのです。

注目されているブロックチェーンとは?

さて、仮想通貨を理解する上では、ブロックチェーンという仕組みも簡単で良いので理解しておきましょう。ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引記録のことです。

たとえば、ビットコインをAさんからBさんに送金します。その取引記録は1つのブロックとなり、ほかの取引とつながっていくのです。取引記録の古い順番に「つながっていく」ことで、ブロックチェーンと呼ばれます。

仮に、AさんからBさんへ送金した取引記録にハッキングして、Bさんではなく自分に送金するように書き換えるとします。

その場合、AさんからBさんへ送金した取引記録はそれ以降の取引記録とつながっているので、つながっている取引記録全てを改ざんしなければいけません。

その「つながっている取引記録」は秒単位で増えていくので、実質改ざん(仮想通貨の盗難など)は不可能と言われています。

仮想通貨の買い時は?

さて、仮想通貨の基礎知識が分かったところで、次に仮想通貨の買い時は?という話です。買い時を知るためには、以下の点を理解しておきましょう。

  • 仮想通貨価格はどのように決まる?
  • 時価総額を確認しよう
  • 仮想通貨の買い方とは?

仮想通貨の買い時は、まず仮想通貨の価格がどのように決まるかを理解しましょう。そうしないと、今買うべきか待つべきかの判断ができないからです。

仮想通貨価格はどのように決まる?

仮想通貨の価格は株などを同じように、需給バランスで決まります。つまり、需要が上がる、もしくは供給が減れば価格は上がります。一方、その逆であれば価格は下がります。これは、ビットコインもアルトコインも同じです。

仮想通貨価格は?

では、ここで実際の仮想通貨価格を見ていきましょう。以下がビットコイン価格の推移※になります。
・2009年のリリース時:1ビットコイン約0.0836円
・2015年1月:1ビットコイン約3万円
・2016年1月:1ビットコイン約4.7万円
・2017年1月:1ビットコイン約11.3万円
・2017年6月:約28万円
・2017年12月:約220万円
・2018年1月:約120万円
・2018年3月:約95万円

上記のように、2017年末を機に、ビットコイン価格は下落傾向にあります。ちなみに、主要アルトコインも、概ねビットコイン価格に連動しているケースが多いです。そのため、2017年末と比べ安価である現在は、需要が落ちている状態と言えます。

※merket caps
https://coinmarketcap.com/

買い時は注目度

さて、現在は2017年末と比較すると需要が落ちているということが分かりました。ここで重要なのは、仮想通貨価格が「今後上がるかどうか?」です。この点が、買い時か?今から始めても遅くないか?という答えになります。

価格が上がるとは需要が上がることなので、今後仮想通貨に対してポジティブな意味で注目されれば上がる可能性があります。そして、結論からいうと、今後は以下の理由でポジティブな意味で注目される可能性が高いです。

  • コインチェック事件が収束に向かう
  • 金融庁が本腰を入れた

つまり、仮想通貨は買い時であり、今からはじめても遅くはありません。

コインチェック事件が収束に向かう

2018年1月に、仮想通貨取引所であるコインチェックが、NEMというアルトコインを約580億円(時価)流出させる事件を起こしました。この事件の背景には、コインチェック社自体の管理の甘さがあります。

この事件を受け、ビットコインなどの仮想通貨は一時下落し、その後も下落基調は回復していません。しかし、先日コインチェック社は流出したNEMを補填する具体的な時期と、改善策を講じました。

この報道により、市場へある程度安心感をもたらすことができ、一連のコインチェック事件が一旦の収束を見せているのはポジティブなニュースと言えるでしょう。

※コインチェック社 仮想通貨NEMの不正送金に関するご報告と対応について
http://corporate.coincheck.com/2018/03/08/46.html

金融庁が本腰を入れた

また、今回のコインチェック事件を受け、金融庁は仮想通貨取引所に立ち入り検査をしました。その立ち入り検査によって、複数社に業務改善命令と業務停止処分を下しています。

このニュースは一見ネガティブに捉えられますが、金融庁がきちんとセキュリティなどをチェックしたという証明という意味ではポジティブなニュースになります。もちろん、前項とこのニュースだけで今後の仮想通貨の未来が明るいとは断言できません。

ただし、コインチェック事件によって仮想通貨の低迷は長引くと言われていたのは事実なので、その点が解消されつつある点はプラスに捉えて良いでしょう。そのため、現在下がっている仮想通貨は、今後上昇の可能性があり、買い時と言えます。

※金融庁 仮想通貨関係
http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/index.html

仮想通貨の買い方と選び方

さて、最後に仮想通貨の買い方と通貨の選び方を簡単に説明します。上述した要素などで、仮想通貨は買い時であると判断した場合は、取引所と取引する通貨を選定し実際に取引してみましょう。

仮想通貨の買い方とは?

仮想通貨を買う方法は、以下の流れで仮想通貨取引所に口座を開設し取引をするという流れです。

  • 取引所にメールアドレスを登録
  • 返信メールのURLをクリック
  • 個人情報などを入力
  • 取引所から郵便が届く

大体の仮想通貨取引所は、上記のような流れで口座開設ができます。運転免許証などのデータをアップロードする必要などはありますが、一連の手続きは10分もかかりません。

ただ、郵送物が届いてから取引できるケースが多いので、実際に口座開設手続きから取引するまでは数日かかります。

通貨の種類を選び方

仮想通貨取引所に口座を開設したら、次に取引する通貨を選びましょう。アドバイスとしては、迷ったらビットコインを最初に購入することをおすすめします。なぜなら、ビットコインは時価総額(発行枚数×仮想通貨価格)が仮想通貨の中で一番大きいからです。

時価総額が大きいということは、その通貨の参加者が多いということを示します。そのため、比較的仮想通貨の価格が乱高下しにくい通貨なので、リスクが小さい取引ができるということです。

まずは、ビットコインで仮想通貨の世界に慣れ、その後でアルトコイン取引をはじめるという流れが良いでしょう。ただ、ビットコインとは言え、ほかの投資と比べると価格の上下が激しい点は理解しておくべきです。

ほかの通貨としては、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュあたりがおすすめです。なぜなら、時価総額が2位~4位の通貨だからです。仮想通貨価格が上がるかどうかは、そのプロダクトに注目されがちですが、実際は知名度があるかないかが重要でしょう。

そのため、時価総額が高いコインの方が注目されやすいので、時価総額上位の仮想通貨をおすすめしているというわけです。

※merket caps
https://coinmarketcap.com/

仮想通貨の基礎を知り買い時を探る

このように、仮想通貨は2017年末に比べると低迷していますが、ポジティブなニュースが出てきている点はプラスと捉えられます。
おさえておきたいポイント
1.仮想通貨は需給バランスで決まる
2.時価総額を確認して買い時を見極める
3.仮想通貨のポジティブなニュースに注目
4.仮想通貨の購入時は取引所で口座を開設する

ただし、仮想通貨は投資なので、全ては自己責任です。少しずつ仮想通貨投資に慣れていき、自分で判断できる目を持ちましょう。

-仮想通貨ブログ

Copyright© 初心者向け【仮想通貨の始め方】なら番長におまかせ! , 2019 All Rights Reserved.